タツノコプロの傑作、タイムボカンシリーズ

大人になって、テレビを見ることも少なくなり、ましてアニメなどもなかなか見ないことが多いのですが、そんな私もタツノコプロがやっていたタイムボカンシリーズには嵌ったくちです。

私が小学生の頃、テレビではよくアニメ番組を放映していました。色んなアニメ番組があってのですが、タイムボカンシリーズは登場人物のキャラクターが立っていたのと、女性のキャストが大人びていて色っぽかったのが強く印象に残っています。善人と悪人の区別がはっきりしていて、ワンパターンの勧善懲悪物のストーリーなので、最近の若者や子供達が見慣れているアニメとは全く違うタイプのものだと言えます。

私がはっきり覚えているエピソードは、悪役の人間が日銭を稼ぐために封筒貼りの内職をしていて、それを見て子供心に、悪いことばかりしたら毎日封筒貼りの内職みたいな仕事にしかありつけなくなるんだな、ということです。

勧善懲悪のストーリー自体、テレビからなくなってしまったのですが、子供を教育するためにはそんなアニメや漫画が一つくらいあってもいいのかもしれません。

とにかく、タイムボカンシリーズは子供心に刺激的で楽しいと思えるアニメでした。メカやマシーンを使っていながら何となくほのぼのしていたのも魅力的だったのです。主婦キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です