余計なものを手放す、買わないこと

お金に困ったとき、まずやることは、家の中の不用品のリサイクルです。

いつか使うだろうと取っておいた食器類やタオル類、衣類、調理器具などが必ず家のどこかに眠っていると思います。

それらの物をリサイクルショップに持って行き、換金します。

うまくいけば結構まとまったお金になることもあります。

次に、余計なものは買わないように心掛けます。

食事は日々健康に生きていく上で欠かすことができないので、食費は削るべきではないと思うのですが、

その中でも嗜好品などは買わなくてもよいものに入ります。

お菓子やビール、ちょっと高級なお取り寄せ食品などは、お金に余裕がないときは買わないようにします。

また、ついつい買いすぎてしまうトイレットペーパーや買い置きの日用品も、どうしても必要な量だけ買うようにします。

家計簿をつけてみれば分かりますが、振り返ると、必要なものだけ買いに行ったつもりが

安いから、家に置いておきたいからなどと理由をつけてその他のものをけっこう買い込んでしまっている場合が多いような気がします。

買い物をする前に、ストックの量を確認しておき、本当に今買わなければならないものなのかどうかを

しっかり考えてから買い物するだけでもお金に余裕が生まれると思います。お金を借りる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です