魔王視点の勇者モノシリーズ、「オーバーロード」

今期から始まるアニメに「オーバーロード」という作品がある。これはソードアートオンラインと同じくゲームの世界でプレイヤーが仮想現実世界で繰り広げる話となり、勇者モノのジャンルのストーリーになっている。しかし通常勇者モノのは悪という魔王が存在し、主人公である勇者がその魔王を倒すというのが一般的だ。しかし本作品はその立場が全く逆のモノであり、魔王が主人公でどのように仮想現実世界を支配していくかがこの物語の本筋になっている。

そもそも何故主人公が魔王なのかというとこの魔王はもともとこの仮想現実世界のゲームを作り上げた一人であり、制作陣営41人を統括するリーダー的な立場を担っていた人物なのである。それがこのゲームの公式配信が終わり、そのサーバーダウンが終わる日、最後はゲームの中で終えようと待っていたのがサーバダウンの時間が来た瞬間、何故かゲームが現実の様にNPCが自分で考えて行動したり、匂いや感触まで感じる様になっていた。まだ始まったばかりだが、そんな青少年と魔王の声を振り分ける役を演じるのはバグマンのシュウジンと遊戯王のベクターを演じた事のある日野聡さんであり、絶妙な声の振り分けもこの作品の一つの魅力になっている。それ故この後のアニメの展開はどんな世界が外で起こっており、主人公である魔王が今後どのようにこの世界を動かしていくのが注目される。総量規制対象外カードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です